写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

春一番



ゆっくりゆっくりのろのろと。
自分のペースでのぼる毎日。
暗黒世界の階段。
どこまで続くかわからない。
だけど。
ふと、今日思ったんだよ。
暗黒世界にいても、心まで暗くしなくてもいいんじゃないか...って。
光りの世界にいても、暗黒の世界にいても、同じ心。
いつでも自分でいるって。 自分の中心を感じるって、つまり...

そういうことかっ!?...ってね。

春一番が吹いた日の発見。この答えは宇宙からの贈り物。

そしてそれは確かな形となり私のところにやってきた。
「収穫」を意味するお守りのペンダント。
バレンタインデーに神様から届いた甘いチョコみたい。
ずっとずっと大切にしよう。
このまま頑張ると、今年は何か収穫できるという暗示なんだろう。
そういえば、「収穫」は、今年一番初めに私がひいたルーンの石。


すべてはつながってる。