写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「虹が出た!」

虹
(↑インスタグラムのストーリーズに投稿したyo↑)

昨日の夕方、素晴らしいに出会いました!

私にとって虹は特別な意味があります。
(マチルダと名付けた私を守護する存在の象徴だから)

でも実は、
これまでの人生で、ほんの数回しか、
本物の虹に出会ったことがありません。

都会で暮らしているせいもあるかもしれませんが、
虹遭遇率が高いと言われているハワイへ行った時も、
虹には会えませんでした。

こんなに虹に思い入れがあるのに、
なかなか会えないなんて。

と思っていたら!

昨日! 私の人生最高の虹に出会えました!

わーん!
天使ありがとう!
と叫びましたyo〜♪

アトリエマンションからの窓越しではありますが、
写真や動画も撮れました☆

それから、ウキウキ嬉しく、
幸せな心でお芝居の稽古に向かいました。

演技の勉強と舞の稽古には、多くの共通点があります。

その核となる部分に理解を深めていこうとすればするほど、
少しでも自分の気持ちに対して誤魔化しのある言動は、
徹底的に、意識的に、止めていかなければ、
この先の魂の成長や進化は無いなと思い知らされています。

まわりまわってそれは、「実をす」と書く、
写真の世界ともリンクすることなのだろうと思います。

というか、人生すべてがそうだ、ということですne☆

昨日は特にそういうことを感じた稽古でした。


魔法学校でも、
時に私は言いづらいことをズバリ伝えます。
きっとメンバーの中には一瞬ムッとする人もいるかもしれない。
でもそれは、溶かすべき負のボタンをスイッチオンされた証拠。
それは、向き合って、浄化させていくチャンスだと思うのです。

だから苦しくても逃げないで、力強く前進してほしい。

私も自分の役割から逃げないよう、全うするよう努力するから。


そんなことを、
虹を眺めたり芝居の稽古したりしながら考えた、
昨日という時間。


さあ、今日もまた1日が始まる。

私は、私を頑張ろう。

この場所で。