写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

熊野へのメール

返信ありがとう。
あなたからのメール。 読んで驚く。
まったく私と一緒。
でも少しだけ、昨日気付いたことがあったよ。
それは。
このイヤな気持ちがなければ、私はただうかれながら生きて
本当に自分が欲しいものを手に入れることなく、どんどん進むだけ進んで
そしてとうとうなにも気付かず、やがておしまいの日がきて死ぬんだろううなぁって。
それもひとつの生き方だけど、わたしがやりたいことじゃない。
だから。きっと何かを知らせるためにやってきたかもしれない、
この苦しさを教師だと思うことにして、
このイヤな感じについていこうと思った。
その先に私が求めるものがあるだろうな、と思うから。

19日の夜行バスがとれれば20日の朝には熊野入りできると思う。
翌日あなたは帰ってしまうけどせめて一晩一緒に過ごしたい。
会って、いきなり泣いたりしたらごめんね。

いちご。