写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「これは嬉しい!」


苺さん、私、苺バザールで本当にたくさんのものを受け取りました。
高いお買い物しちゃったというドキドキ感も含めて、
自分を信じて未知の世界に飛び込む経験が楽しかったです。
あー!!本当に嬉しかったなぁ*\(^o^)/*
苺さんや天使さんや、目に見えない色んなサポートも感じて、
感謝の気持ちでいっぱいです。
苺さんが苺バザールを魔法のバトンと表現される意味が体感として分かりました。
お金に対する意識も変わりました。
今回のお買い物で、恐れずに、
もっともっと大きな経験をする準備が整ったと感じています。


★ドイツで苺さんのケーキに巡り会った方、
そして堀江菜穂子さんの写真のまっすぐなまなざし。
まぶしくて、まっすぐで、まじりっけないエネルギーに出会ったとき、
自分の心の中の殻がぱちっと割れて小さな芽がでた気がしました。
まぶしくて、まっすぐで、まじりっけないエネルギー、
それって光の性質そのもの!
苺さんの言う光って
この素直な内側から湧いてくるエネルギーなんだと思ったとき
あっという間に心に届いて不思議なことに灯りがともりました。
誰の心にもあるその光はさえぎったり曲げたりせずに
ただ素直でまっすぐであるだけで光るのですね。
だから私はこのアミュレットをドイツに行った方、
菜穂子さん、そして苺さんという
3人の天使からの贈り物として受け取り、自分の中の光を大切にします!
小さな魔法のお店は前から気になっていたのですが
今回初めて申し込んだきっかけは菜穂子さんの写真を見て
こんな素敵な写真を撮る方の作った物をほしいなあ、と思ったからです。
その時は申し込むのも遅く、決断するのも遅かったのですが
今回のバザールを見ていて皆さんぶれずに決断が速い!
こんなに自分の心や直感に素直でいいんだ!と心が軽くなりました。
『羽が生えてから飛ぼうと思っている人はいつまでも飛べません』という
ことばにもちょっとギクッとしました。
単に物を買うだけでなく、心のレッスン、
自分の心の使っていなかった部分のレッスンのように思いました。
それは自分で対価を払い体験しなければ学べない貴重なものでした。
ありがとうございます。
またいつか心に響くものがあったとき、お買い物させて下さい!


ーーーーーー


ありがとうございます。
いつもいつも嬉しいと感謝しながら皆さんからのお便り読んでいますが、
わあ、、、なんというか。これは、ほんっとーに!嬉しい。嬉しすぎる!
特にこの言葉たち!


『苺さんが苺バザールを魔法のバトンと表現される意味が体感として分かりました。
 お金に対する意識も変わりました』

だってね、まさに私はここを伝えたくてやっているのだから!
こんなに的確にキャッチしてもらえるなんて!


小さな魔法のお店は前から気になっていたのですが
今回初めて申し込んだきっかけは菜穂子さんの写真を見て
こんな素敵な写真を撮る方の作った物をほしいなあ、と思ったからです。
単に物を買うだけでなく、心のレッスン、
自分の心の使っていなかった部分のレッスンのように思いました。
それは自分で対価を払い体験しなければ学べない貴重なものでした。


写真がきっかけ!
わーんこれも嬉しい嬉しい嬉しすぎる!

お二人とも、ありがとうございますー。^^



ずっとやり続けていることって、
時が来れば実を結ぶものだねえ。

苺バザールも、まほうshopも。
そんなことやってる写真家なんていないと思うけど。

いいじゃないの。
枠なんて設けなくて。

おかげでこんなに素敵な世界。^^