写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「パワフルな四日間」

まるで魔法の絨毯に乗ってびゅーんと空を飛んでいるような時間の中にいました。

1日目。
電車で都心から二時間弱の一泊旅行。
まりさんのおうちにお呼ばれしてきました。
まりさんはドイツと日本にお屋敷を持っているのです。
ドイツでは一ヶ月もお世話になったことがあります。
日本のおうちはへも何度か遊びに行ったことはありましたが、
泊めていただくのは初めて。
まあ!お庭に咲く見事な梅の樹がお出迎え☆☆☆

(この樹の梅の実をいただいて梅酒を作ったことがあります!)

一泊数万円もする高級旅館へ行ったような気分になるようなおもてなしの数々。
ありがとうございます!

二日目。
この日もまた素晴らしい晴天。
窓から入る朝陽が美しく、しばらく光の中で瞑想。

それから朝風呂をいただきました。
窓を開けて裏山を眺めながら露天気分!
贅沢ですーーー♪
朝食のあとは、
まりさんおすすめのルートで裏の山道や、近所のお土産物屋さんなど、
散歩しつついろいろ連れて行ってもらいました。
お天気ポカポカな日にゆっくり自然の中を散歩するって、
とっても贅沢で楽しいことですねえ。

個人的にはここが一番のツボでした。
弁財天のお社の後ろの池。

ランチは、
まりさんのお知り合いが経営してるという卵屋さんで。

私は期間限定ロコモコをいただきました!
(まりさんはオムライス)
その後、まりさんのおうちの隣にあるイタリアンで、お茶タイム。

パンナコッタがものすっっっごい美味しくて、幸せ!
あっというまにお別れの時間が来ましたが、充実感たっぷりお腹いっぱい。
帰りの列車の中では黄金色の輝く夕陽が眩しかったです。
その足で、まきちゃん&よしえさんと合流。
夜は神谷バーへ行きました。浅草の老舗バー。一度行ってみたかったのです。
珍しく強いお酒を何杯も呑んだので、久しぶりに酔いました〜。
「世界が二重に見えるわあ〜」とずっと言っていた私。
しばらくして、偶然お隣に座ったご夫妻と意気投合!
こういうのがいいよね、お酒の席っていうのはさ。^^
ついさっきまで全く見知らぬ者同士が酔った勢いで友達になっちゃうという。。。
ははは。
そのままみんな揃って、よしえさんの知り合いの赤坂のバーに移動。
気がつけば、ずーーーーっとそのご夫妻にごちそうになっていたのでした!
こちら三人分をずっと、いいよ、いいよ、いいんだよと
支払い続けたご主人!すばらしい! ありがとうございます☆

三日目。
そのまた翌日は、リュウ博士主催の「神社ゼミ」。
この日はリュウ博士の担当編集者も合流して、さらにパワーアップゼミ。
楽しかったなあ。
ゼミ後に別の場所に移動して、残った数人をアルケミストにご紹介。

いきなり魔法講座始まりました。。。

彼の話を聴けるって、ホント貴重です。

Mr.タジーは、なにやらアルケミストと相談ちゅう。

素晴らしい魔法道具を注文してました!


その他のメンバーも、それぞれ自分だけのおまじない道具をオーダー。

ふふふふ。

そーしーてー!

四日目。
またまたその翌日。
なんとー。人生初の、競馬場VIPルームデビューをいたしました!
デビューと言ったってね、もう今後こんな場所に行けるかわかりません。
一生に一度の経験かも。
ご一緒させていただいたメンバーはあまりにも皆さんすごすぎて、
ほとんど全員「その分野の第一人者」という感じ。
職業はいろいろ、
能の人間国宝、競馬関係者、学者、大学教授、弁護士、金融関係、
芸能人、売れっ子脚本家、小説家、マスコミ関係etc...
第三人者クラスなんて私くらい。 ぷ。^^
(いやいや、笑ってる場合じゃない。私も第一人者を目指そう!)
今回はご招待してくださった方がいらしたので、
私のような者も紛れ込むことが出来たというわけですが、
入場する時、こんなリボンを付けます。


一般席はあんな遠くに。


私たちはここからレース観戦。

レースとレースの間は、パーティルームで呑んだり食べたり。

私も買ってみました。馬券!五回くらいチャレンジ。

掛け金小さいけどね。一回200円だから。(≧∇≦)
でも、当たると嬉しい!二回当たりました☆
一回目、480円。 二回目、620円。
掛け金が小さいからもらえる配当金も小さい。ぶはははは☆


VIPエリアの廊下は、まるでホテルのラウンジ。
(ここで馬券も買えます)


パドックも見学して来ました。

競馬場って大人のアミューズメントパークだねえ。楽しいです。
だけど私は、どうしてもレースを観てると涙ぐんでしまいます。
なんというか、馬が疾走している姿に感動して。
(招待してくれた方が涙目の私を見て「どした?」と、一瞬ぎょっとしてました。笑)
競馬の趣味はないけれど、
2006年頃に当時大活躍ちゅうのディープインパクトという馬を、
雑誌の取材で撮影したことがあるので、
あの時の胸の熱さも思い出して、余計に涙腺が緩みました。
どんな世界にも感動を見つけることはできますne☆

私たちは6レースから観戦しましたが、
この日のメインレースは11レース。
だんだん人が増えて来て、11レース直前の一般エリアはこの状態。

ゴール寸前のみんなの声というか叫びというかどよめきというか。
ものすごい迫力でした!


(競馬場へ向かう専用通路にディープインパクトの写真があったので、
 記念撮影!^^ ディープ、なつかしーなー)

くるくる目の回るような四日間。
行ったことないような場所へ行ったり、会ったことないような人に会ったり、
やったことないようなことをやったりと、なんだか妙なムード。
天使が魔法の杖を振っているような気配を感じます。
こんな時は。

大きく何かが変わる前触れです。