写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「こんまりのときめく毎日 18日目」

(今月末まで、毎日こんまりさんのカレンダーをめくりながら、
私の撮影秘話と、こんまりさんの言葉をご紹介していきます)



おはようございます。
「こんまりのときめく毎日」
日めくりカレンダー18日目の写真は、
「おとぎの国のようなおうち」です。
北ドイツにブッケブルクという小さな町があって、
そこにひと月ほど滞在したことがあります。
親しい友人がおうちを持っていて、
一部屋貸してくれたのです。
毎日のように一緒に散歩したり、森へ出かけたり、
市場へ買い物に行ったりして、夢のように楽しい日々を過ごしました。
今日の一枚は、
ある日の散歩の途中でみつけた可愛いおうちの写真です。
絵本の中でしか見たことのないような素敵なおうち!
はー。暮らしてみたい。
中はどんなふうになっているのでしょうね?
想像するだけでときめきます☆

こんまりさんの今日の言葉は、
「毎日おうちに挨拶する」です。
素敵なおうちに出会うと思わず心の中で挨拶してしまうように、
自分のおうちにも語りかけながら生活していると、
本当に毎日が楽しくなります。
おはよう、いってきます、
ただいま、おやすみなさい、ありがとう、
こんなふうにおうちと付き合ってゆくと、
人生に奇跡が起こり始めるような気がします。
ちなみに私は最近引っ越しをしたのですが、
自分のお部屋に名前をつけましたyo☆ ふふふ♪

みなさん、今日も楽しい一日を!




昨日はキムゼミの仲間数人と、
自然の中で開催したワークショップへ参加してきました。
予想以上に楽しかったです☆
私が知らないだけで都会にもオアシスはたくさんありますねー。
ワークショップ会場は、六義園という日本庭園。
冬枯れの景色でしたが、
春になって、花が咲いて、緑がいっぱいになったら、
さぞかし素晴らしいだろうと想像するだけでワクワクするような所でした。
新しいおうちからとても近いので、ちょくちょく散歩に行こうと思います。
冬枯れを見たので、次は花の季節を見たい。
それから、新緑、紅葉と、見てみたいです。

(六義園★一番好きだった場所)


(六義園★一番好きだった道)

昨日は風もなく、穏やかな暖かい散歩日和だったけど、
今朝の東京は雪景色。
今年のラッキーカラーは白だから、
年の初めに雪が降るのはラッキーとしよう!
でも明日は撮影のお仕事だから、
また太陽さんが顔を出してくれますように☆